戦国時代勢力図と各大名の動向ブログ

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康など戦国武将の年表と勢力地図まとめ

このサイトについて


更新日 2018/6/10

この度は「戦国時代勢力図と各大名の動向ブログ」をご覧いただきありがとうございます。
管理人のひろゆきと申します。

当ブログは、戦国時代末期の勢力図と各大名の動向を年表形式でまとめています。大きな出来事がある年代別に勢力範囲を分け、それぞれの戦国武将の動きを把握できるようにしています。

ブログを立ち上げたきっかけ

私自身が戦国時代末期を勉強しているうちにわかりやすい勢力図が欲しくなり、書籍や歴史番組、ネット情報を元に自分なりに整理して資料をまとめていました。

そこでこれから戦国の勉強を始める方にもお役に立てばと思い、ブログとして公開しながら、少しずつ情報量を増やしていくことにしました。

当初は勢力図と簡単な年表の掲載でしたが、出来事を調べていくうちに武将の書状など様々な史料が見つかってきました(戦国に詳しい方にとっては昔から認知されている史料なのですが)。

このような真実がわかる記録を専門書を読まないと知ることができない、一般人には容易に知ることができない、というのはもどかしく感じたため多くの方に知っていただきたく掲載することにしました。

史料について

当ブログでは真実を追求したいスタンスのため、いかにも後世の軍記物、という史料には頼らずなるべく成立の古い史料から選んで掲載しています。

ただ一次史料の中にも偽文書はあるでしょうし、著者の立場・都合によって正しく書かれていない記録もあります。二次史料であっても私の独断で真実味があると判断したものは積極的に掲載しています。この点は公平さを保つのが難しいため、ご覧になられた方それぞれが出典名を見て信憑性を判断していただければよいかと思います。

※一次史料…当時の人々がその時点で記録した書状・日記・収集文書などを指します。

※二次史料…後世に作成された編纂物・日記(半生を記した内容)などの文書を指します。有名な【信長公記】も整理されて出版した年が江戸時代初期であるため、カテゴリーとしては二次史料になります。ただ著者の太田牛一は自身が日記として記録したと書いていることから、信憑性の高い史料として扱われています。

翻訳について

訳文は「」で表していますが、当初はどれだけ原文の雰囲気を残してよいものかわからず、駄文にもほどがあるひどい文章でした。最近は修正を重ねて多少ましになってきたかと思います。今後も改善を心掛けていきますのでご容赦ください。

人物は官職名で書かれていることが多くそれぞれに注釈を付けると煩雑になるため、多くの部分を一般名称に変換しています。ただ「戦国資料-現代語訳」カテゴリーの訳文については元の文章に近いまま残したいので、一部を除いて「官職名(一般名称)」という表記にしてあります。

翻訳が困難な部分や研究者によって訳が異なる部分は、訳さずに原文のままで掲載しています。

(当ブログでは数多くの翻訳を掲載していますが、このような史料のおかげで研究を進めることができております。史料を公開されている所有者・管理者の方々、また参考文献の著者の方々へ御礼申し上げます。)

現在の進捗状況(2018年2月現在)

これまでに書いた記事内で説明不足の出来事を補足しています。本来の目的である勢力図の作成は遅れている状況ですが、空白部分も埋めていきたいと思います。また各ページに少しずつ図を増やして読みやすく改善しています。

記事に関しては現在はある程度のコンテンツ量になりましたが、同時に誤字や記載ミスの発見に時間がかかるようになってきました。所々誤りもあるかと思いますが、時間をかけて完成度を高めていきたいと思いますので宜しくお願いいたします。

その他留意事項

・合戦の兵数は資料により異なるのでおおよその数字を書いています。

・出来事の月日は旧暦で表記しています。西暦の年代も表記しているのでややこしくなりますが、概ね旧暦の12月中に西暦は翌年1月に変わります。

・名前が何度も変わる武将は一般的に認知されている名前で記載したり、()で別名を記載しています。※木下藤吉郎などはそのまま使用しています。

・各記事ごとに日付が小さく表示されていますが(PCは下部・スマートフォンは上部)、これは正確な記事作成日付ではありません。当ブログは日記形式ではないため、日付を過去のものに変更して記事の表示順序を調整しています。

資料の活用・リンクについて
当ブログに掲載している図などの資料は管理人が作成しています。
WEBサイトで転載されたい場合は「戦国時代勢力図と各大名の動向ブログ」とURLリンクを貼っていただければ、常識ある範囲でご自由にお使いいただいてかまいません。
(ただし図は個人の趣味で作成しているものですので、誤りがないとの保証はできかねますのでご了承ください)

お問い合わせフォーム
ご質問等がありましたらこちらまで。
記載ミスのご指摘なども助かります。

管理人:ひろゆき
ブログ公開日:2016/3/1

※愛読書になります。

戦国メディア情報(2018年2月現在)

<TV番組>
NHK 歴史秘話ヒストリア
BSプレミアム 英雄たちの選択
BS-TBS にっぽん!歴史鑑定
BS-TBS THE 歴史列伝 ~そして傑作が生まれた~

<映画>
「関ヶ原」

<ラジオ>
遠近孝一PRESENTS 戦国ネット「すきらじ」

<ゲーム>
PS4 信長の野望 大志
PS4 信長の野望・創造 戦国立志伝

<Amazon書籍>
戦国時代<書籍>最新人気ランキング

<コミック>
「信長協奏曲」のネタバレとあらすじ!ドラマの原作を読むならココ!
【信長のシェフのネタバレ】とあらすじ!感想や無料試し読みあり!
「オキザリスの旗 長宗我部元親伝」のネタバレと感想!あらすじや無料試し読み!

大坂城と真田の旗

拍手[25回]

1. 無題

とっても素敵なブログに出合わせていただきました。ありがとうございます。私は、山梨県大月市に在住いたしております。そして、今年の10月に郷土の英雄(世間的には、甲陽軍鑑の一文、=小山田が離反した=勝頼公に背いた)、小山田信茂公顕彰会を立ち上げる準備をいたしております。
ひろゆき様の本ブログが、参考になりました。今後、ますますご発展をご祈念させていただきます。できましたら、小山田信茂公も取り上げていただけたら嬉しいです。立場は、勿論、謀反などしていないという立場での味方になりますが、・・・。よろしくお願いいたします。

Re:無題

ご覧いただきありがとうございます。
このようなブログで恐縮ですが、少しでもお役に立てれば嬉しいです。
地元の方なのですね。小山田信茂公顕彰会を立ち上げられるとのことで、ご活躍をお祈り申し上げます。小山田信茂は功績のある人物だったようですし、最期は後世の伝えられ方による不運もあるような気がします。武田家の動向についてはまだ記事が不十分ですので、小山田信茂の活躍も含めて今後追記していきたいと思います。ありがとうございました。


ブログ全体検索